TOP

ホーム > 企業誘致・投資 > 事業投資に最適なオレゴン州

事業投資に最適なオレゴン州

水と緑が豊かで美しく自然災害の少ないオレゴン州には、魅力的な住環境、生産性の高い豊富な労働力、競争力あるビジネスコスト、海外市場へのアクセスの良さなどの大きな利点があります。インテルやプレシジョン・キャストパーツ、アディダス、ボーイング、ダイムラーといったトップ企業が存在感を示し、ナイキやコロンビアスポーツウェアといった世界的優良企業がオレゴン州に本社を構える背景には、こうした利点が大きく影響しています。
日本からも食品加工業、ハイテク産業、ロジスティックスをはじめ130社を超える企業がオレゴン州へ進出しています。

Why Oregon?

地理的利便性
  • 太平洋に面し、米国本土では日本に最も近い州のひとつ。物流面において便利
  • オレゴン州のゲートウェイであるポートランドには、成田から直行便が就航
  • ワシントン州との州境を流れる大河・コロンビア川沿いに位置するポートランド港は西海岸屈指の規模

豊富な水
  • 多くの水脈、川に恵まれており、水代は安価で、高い純度を誇ります。

低いエネルギー・コスト
  • 自然の力を利用した水力発電能力に長けているオレゴン州では、工業用エネルギー・コストはキロワット時(kWh)当たり平均6セント以下と全米で最も経済的な州のひとつとなっています。これはカリフォルニア州で適用されている平均工業用レートのほぼ半額です。

優良な労働力
  • 勤勉な労働者が多く、生産性の質については極めて高く評価されています。
  • 米国屈指の半導体産業が盛んな州(通称:シリコンフォレスト)。 同産業に携わる労働者は5万人を超えます。

  • 有利な税制措置

    オレゴン州では売上税(消費税)や在庫税等が非課税であり、全米でもっとも税負担率の低い州のひとつとなっています。


    州政府、カウンティ、市などによる協力且つ献身的なサポート

    立地選定、ビジネスコストの試算、建設業者、税・会計、弁護士等の情報提供から、プロジェクト立ち上げ後のフォローアップまで、献身的なサポートを提供致します。


    日本人に適した生活環境
    • 対日感情は極めて良い
    • 美しい大自然と素朴で勤勉な人柄のオレゴニアンの存在により、オレゴンに勤務した日本人はもとより、 アメリカ人の転勤組みもこの地を離れたくないとも(ポートランド市は全米で最も住みたい街の上位常連)
    • 現在130社以上の日系企業が進出しており、その多くがオレゴン日米協会(JASO)やポートランド日本人商工会に加盟し、活躍中。また、ポートランド近郊には日本人学校もあり、幼稚部から高等部まで、多くの子どもたちが学んでおります。

    各種優遇税制及びインセンティブ

    オレゴン州政府は新しい企業・ビジネスを歓迎し、多くの新規事業歓迎措置を構えています。これらの税制優遇制度・融資プログラムはビジネス開始においての利点となります。

    > > 投資に関するお問い合わせはこちら




▶NEXT オレゴン州投資セミナー

オレゴン州経済開発局とオレゴン日米協会では、2010年より毎年、「Doing Business in Oregon」セミナーと題した投資セミナーを日本国内で開催しています。